ホーム > 武蔵小杉訪問介護サービス事業所のページ

武蔵小杉訪問介護サービス事業所のページ

サービス提供責任者より

ソフトホーム㈱武蔵小杉事業所は、

サービス提供責任者常勤1名、

訪問介護ヘルパー非常勤20名で訪問介護サービス活動を行っております。

 

個別の入居者様、ご利用者様に対して、どのような介護が必要なのか。

医療福祉関係者で話し合い、介助方法を決めています。

ケアについて

ケアは、主に自立されている方と、介助が必要な方と、対応させて頂いております。

武蔵小杉訪問介護事業所 運営規程

武蔵小杉訪問介護事業所 運営規程                       

  (事業の目的)   

第1条  ソフトホーム株式会社が開設するソフトホーム株式会社武蔵小杉事業所(以下「事業所」という。)が行なう指定訪問介護(指定介護予防訪問介護)(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の介護福祉士又は介護保険法施行令第3条第1項各号に定める養成研修修了者(以下「訪問介護員等」という。)が、要介護状態(介護予防にあっては要支援状態)にある高齢者に対し、適正な指定訪問介護(介護予防訪問介護)を提供することを目的とする。  

(運営の方針)    

第2条 事業所の訪問介護員は、要介護者の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事の介護その他の生活全般にわたる援助を行なう。

2 事業の実施に当たっては、関係市町村、地域の保険・医療・福祉サ-ビスとの綿密な連携を図り、総合的なサ-ビスの提供に努めるものとする。     

 

(事業所の名称等)

第3条 事業を行なう事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。        

1. 名称 ソフトホーム株式会社 武蔵小杉訪問介護事業所

2.所在地 神奈川県川崎市中原区今井南町34-5  

 

(職員の職種、員数、及び職務内容)

第4条 事務所に勤務する職種、員数、及び職務内容は次のとおりとする。

 

1. 管理者1名(常勤兼務)

管理者は、事業所の従業者の管理及び業務の管理を一元的に行なうものとする。           

 

2.サ-ビス提供責任者 1名(常勤兼務) 

サ-ビス提供責任者は、事業所に対する指定訪問介護(指定介護予防訪問介護)の利用の申し込みに係る調整、訪問介護員等に対する技術指導、訪問介護計画の作成等を行なうとともに、自らも訪問介護の提供に当たるものとする。  

 

3.訪問介護員等

常勤職員0名  介護福祉士 非常勤職員11名 介護職員初任者研修6名  

利用者の訪問介護サービスの提供を行う。

 

4.事務職員1名(非常勤専従職員) 必要な事務を行なう。   

 

(営業日及び営業時間)  

第5条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。            

 

1. 営業日  月曜日~金曜日。祝祭日及び12月31日~1月2日は休業

 

2. 営業時間 9:00~18:00 (サービス提供は9:00~18:00 時間外は応相談)

 

(訪問介護の内容及び利用料等)                                                   

第6条 指定訪問介護(指定介護予防訪問介護)の内容は、次のとおりとし、指定訪問介護(指定介護予防訪問介護)を提供した場合の利用料の額は、介護報酬の告示上の額とし、当該指定訪問介護及び指定介護予防訪問介護が法定代理受領サ-ビスであるときは、利用料のうち各利用者の負担割合に応じた額の支払いを受けるものとする。   

1.身体介護   2.生活援助 

 

1)第8条の通常の事業の実施地域を超えて行う指定訪問介護サービスに要した交通費はその実費を徴収する。

 

1)

1.中原区を越えてから、片道概ね2km未満 1,500円 

2.中原区を越えてから、片道概ね2km以上 3,000円

 

2) 前項の費用の支払いを受ける場合には、利用者又はその家族に対して事前に説明した上で、支払いに同意する旨の文書に署名(記名押印)を受けることとする。

 

(緊急時における対応方法)         

第7条  訪問介護員は、訪問介護及び介護予防訪問介護を実施中に、利用者の病状に急変、その他緊急事態が生じたときは、速やかに主治医に連絡する等の措置を講ずるとともに、管理者に報告するものとする。

 

(通常の事業の実施地域)                                                         

第8条 通常の事業の実施地域は、次のとおりとする。                                    

1. 川崎市 中原区                                                               

 

(その他運営についての留意事項)                                                

第9条 事業所は、訪問介護員等の質的向上を図るための研修の機会を次のとおり設けるものとし、業務体制を整備する。                                   

 

1.採用時研修 採用後3か月以内                                                  

2.継続研修  年2回以上                        

 

1) 従業者は、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持するものとする。  

2) 従業者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持させるため、従業者でなくなった後においても、これらの秘密を保持すべき旨を、従業者との雇用契約に規定して周知徹底を図るものとする。  

3) この規程に定める事項のほか、運営に関する重要事項についてはソフトホーム株式会社と事業所の管理者との協議に基づいて定めるものとする。

 

以上

この規程は、平成22年6月1日から施行する。

個人情報の取り扱いに関する規程 ソフトホーム株式会社武蔵小杉訪問介護事業所

個人情報の取り扱いに関する規程


ソフトホーム株式会社武蔵小杉事業所は個人情報の取り扱い規定を定め、

適正な管理及び保存を行います。

個人情報の利用取得

ご利用者様に利用目的を明示し個人情報同意書に基づいて同意をいただきます。

変更が生じましたらその都度行います。

利用目的の達成に必要な範囲を超えた取り扱いはしません。

想定される利用目的 

 

1 訪問介護計画書

 

2 アセスメントの結果記録

 

3 サービス担当者会議等の記録

4 モニタリングの結果の記録

 

5 苦情の内容の等の記録
 

6 経過記録

 

7 各サービスとの連携による情報提供

 

8 国保連合会での介護保険事務関係

 


データ内容の正確性の保持、利用目的の達成に必要な範囲で個人データの正確性再申請の確保に努めます。

 

個人情報の安全管理

個人データの安全管理のため必要かつ適切な処置情報提供先に対する監督をいたします。実務はソフトホーム株式会社武蔵小杉訪問介護事業所のサービス提供責任者が行います。


個人情報等の開示
ご利用者から開示を求められた場合は
訪問介護契約に従い開示します。

原則として営業時間内、事務所内管理者立ち合いで行います。

 

記録等の複写の交付を求められた場合

管理者の責任において提供します。

 

個人情報訂正および利用停止

個人情報提供に関して本人からの求めに応じ迅速に訂正利用停止を行います。

 

苦情の処理

個人情報の取り扱いに関して苦情があった場合は適切かつ迅速な対応をします。

 

注意

指示書意見書診断書サマリーなど他者から提供された文書を情報提供に利用する場合は利用者と発行者の許可を頂きます。


個人情報管理者
ソフトホーム株式会社武蔵小杉訪問介護事業所 管理者 林

 


 

PAGE TOP